税金や年金が支払えない場合はキャッシングで支払うのがベスト

税金 払えない 借金

フリーターやニートの方など、税金や年金の支払いに困窮している方はキャッシングやカードローンで対応しましょう。

 

キャッシングで対処しよう!

どうしても税金や年金が払えず、滞納してしまいそうだという場合は、プロミスやアイフルなどのカードローンやキャッシング(借り入れ)で対応するのがベストです。

ニートや無職はさすがに厳しいですが、アルバイトやパートで収入があるなら、借り入れの審査に通る可能性は十分あります。

 

税金を支払うために借金するのは問題ない!

一部では「税金を払うために借金するなんてありえない!」と言った意見が見受けられます。

しかし、ではどうしたら良いというのでしょうか?

現実問題として、税金は払わなければいけないものですし、お金がないからといって減免される(なくなる)ものでもありません。

税金は払うしかないのです。

 

確かに、借金と聞いて不安になる方もいるでしょうが、当サイトが確認したところ、役所も「税金を借金して払うことは問題ない」と回答しています。

「税金を支払うために借金してはいけない」というのはガセ(間違い)です。

 

役所に相談しても税金は減らない

「税金に困った際は、役所や税務署に相談しよう!」という意見も多くあります。

しかし、日本では一度発生した税金がなくなることは絶対にありません(確定申告をやり直しでもしない限り)。

役所に相談しても税金がなくなることはありえないのです。

事実、当サイトのライターが役所に相談した際も「家族に代わりに払ってもらって」と門前払いされました。

 

ですが、では役所に相談する必要がないかというと、そうではありません。

事前に税金や年金が払えない旨を役所に伝えておくと、差押えが執行される可能性が下がります。

相談したところで税金が減るわけではありませんが、意味がないわけではないのです。

 

分納は意味がない?

中には「市役所や税務署に相談して解決した」という方もいます。

 

そうした方で多いのが「税金を分納にする」という方法です。

分納とは分割払いのことで、例えば2ヶ月で2万円払うところを、1ヶ月に1万円にしてもらうといった形です。

 

つまり、「市役所や税務署に相談して解決した」という方の大半は「元々、支払えるだけのお金や収入がある方」です。

 

ですので、そもそも支払うお金や収入がない方は市役所や税務署に相談しても意味がありません。

しかも、分納にすると、延滞税や手数料がかかり返済額(支払う税金)が増えてしまいます。

 

細かい金額の分納はNG

市役所や税務署の職員に対してしつこく食い下がれば、より少ない金額で細かく分納することもできます(例:1ヶ月10,000円のところ、1ヶ月5,000円にする)。

これなら、お金や収入が少ない方でも払っていけるかもしれません。

しかし、あまり税金を分割しすぎてしまうと、払っても払っても元の残高(滞納している税金)が減らず、払い終わる前にまた次の年が来て支払うべき税金が増えてしまいます。

これではいつまでたっても税金が払い終わりません。

 

そもそも、少額の分納は役所も良い顔はしません。

当サイトのライターも「全額は無理ですが、毎月3,000円だけでも納付させてください!」と役所に申し出たところ、「そんなに少ないなら滞納された方がマシだよ」と言われ受け付けてもらえませんでした。

 

キャッシングの利息の方がお得!?

カードローンや消費者金融は手数料や利息が高額だという意見もあります。

確かに一般的なローンと比べると高額ですが、それは税金の滞納による利息も変わりません。

むしろ、税金の延滞税(滞納によってかかる利息)は税金の種類や状況によって変わりますが、大体10%~15%ほどなので、金額や滞納期間によってはアコムやプロミスなどのキャッシングやカードローンに乗り換えた方がよほどお得です。

 

特にキャッシングであれば、役所と違い、延滞してもすぐに給料や家財、貯金などの資産を差し押さえ没収することはまずありません。

また、いざとなったら税金や年金、健康保険と違って自己破産や任意整理をすることで、借金を減額することもできるので、税金を滞納するよりも安心です。

 

まとめ

たとえ、病気で倒れていようが、借金が何億あろうが税金の請求がきている以上は払うしかありません。

法律でも「借金より税金を優先するように」と決まっています。

「どうしても払えない」と言っても、一度発生した税金は死んでも無くなりません。

生活保護を受給したり、自己破産したところで税金だけは無くなりませんし、例え自殺したとしても、資産を相続すれば家族が支払うだけです。

 

しかし、キャッシングなら自己破産や任意整理で減らしたり、なくすことができますし、取り立てもまずありません。

キャッシングは多くの人が利用しているサービスです。賢くキャッシングを活用して、税金の不安・負担から逃れましょう!

 

税金や年金と違い、詳細や催促が家に届かないのもキャッシングの良い所です。

ただし、あまりに滞納するとキャッシング会社も家に催促状を送ってくるので注意しましょう。