楽天カードを一人で2枚持つ方法(条件)

「楽天カードがもう一枚欲しい!」という方に朗報です。

楽天カードは一人(同一名義)で2枚発行することができます!

 

楽天カードをもう一枚作る

2枚目の楽天カードを発行する場合の方法や条件について解説します。

 

楽天カードを一人で2枚作る条件

楽天カードを一人で2枚作るためには、1枚目の楽天カードが以下の条件を満たしている必要があります。

  • 一般カードであること
  • カードの国際ブランドがVISAであること。

 

一般カードであること

一般カードというのはノーマルの楽天カードのことです。

国際ブランドがVISAであっても、以下の楽天カードの場合は2枚目の楽天カードを発行することはできません。

  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ブラックカード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天銀行カード(キャッシュカード一体型)
  • 楽天ビジネスカード

 

国際ブランドがVISAであること

2枚目の楽天カードが作れるのは、1枚目の楽天カードがVISAの場合のみです。

楽天カードのブランドは、以下の4種類の国際ブランドから選ぶことができます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

1枚目の楽天カードがVISA以外の場合は、残念ながら、2枚目の楽天カードを発行することはできません。

 

条件以外の楽天カードの場合は一度解約する必要あり

一枚目の楽天カードが条件に合わない場合は追加カード(2枚目の楽天カード)を発行することはできません。

どうしても、楽天カードを2枚持ちたい方は、一度解約して、再度VISAブランドの楽天カード(一般カード)を作りましょう。

正直、筆者としてはわざわざ解約してまで2枚発行する意味があるのかな?と思いますが、どうしても2枚欲しい方は検討してみてください。

 

楽天カードを追加する手続きはカンタン

2枚目の楽天カードを追加する手続きはカンタンです。

楽天カードの会員ページ「楽天e-NAVI」からカンタンに追加の手続きをすることができます。

 

楽天カードの追加には審査あり

2枚目の楽天カードの追加には審査が必要です。

一度、楽天カードの審査に通っているとはいえ、2枚目の追加カードはブランドが違いますし、カードのランクも変わる可能性があるので(例:1枚目はノーマルだが、2枚目はゴールドカード)、追加カード発行の審査に落ちる可能性もゼロではありません。

審査に落ちてしまった場合は当然ですが、新しい2枚目の追加カードを持つことはできません。

ただし、万一追加カードの審査に落ちしてしまったとしても、既存のカードはそのまま利用することができるので安心してください。

 

追加できる2枚目の楽天カードについて

2枚目楽天カードとして発行できるのは、以下楽天カードです。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

 

また、楽天カード(一般カード)のデザインは以下の3種類から選ぶことになります。通常の銀のデザインやYOSHIKIデザイン、ディズニーデザインは選ぶことができないので注意しましょう。

  • お買い物パンダデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • FCバルセロナデザイン

 

選べる国際ブランドについて

2枚目楽天カードで選べる国際ブランドはMastercardとJCBの2種類だけです。

VISAとアメリカン・エキスプレスは選べないので注意してください。

 

アメックスは選べない

2枚目の楽天カードにアメックスブランドを選ぶことはできません。

もっとも、楽天カードのアメックスのメリットが他の国際ブランドと比べて乏しいので、問題ないでしょう。

参考:楽天カードのブランドにアメックスを選んだ場合のメリットとデメリットまとめ

 

楽天カードを2枚持ちする意味

楽天カードを2枚持ちする場合の注意点や疑問点、メリット、デメリットを解説します。

 

楽天カードを2枚持ちするメリット

 

カードを使い分けられる

1枚目は公共料金の支払い用、2枚目は買い物用といった具合にカードを使い分けることができます。

例えば、公共料金や携帯料金、サブスク(SpotifyやNetflix、新聞などの定額制サービス)などの毎月支払いがあるものは家に大切に保管しておく1枚目のカードで決済し、持ち歩くカードは2枚目のカードで決済という風に分けておけば、持ち歩くカードを出先で紛失しても、普段の支払いを切り替える必要がないの楽です。

 

引き落とし口座もカード毎に設定できるので、用途別にカードを使い分けられます。

 

複数の国際ブランドをカバーできる

世の中にはVISAは使えないけど、Masteracardなら使えるといったお店も少なからずあります。

ですので、複数の国際ブランドで楽天カードを持つことで、様々なお店で支払いができるようになります。

 

楽天カードを2枚持ちするデメリット

 

2枚持ちできるカードに制限がある

追加カード発行の条件でも触れましたが、楽天カードは無条件に2枚持てるわけではありません。

1枚目はVISAブランドの楽天カード(一般カード)である必要があり、2枚目の楽天カードも、なんでも好きなカードを選べるわけではありません。

2枚持ちする楽天カードに条件があるのは少々残念な点ですね。

 

新規入会特典はもらえない

当たり前といえば当たり前なのですが、2枚目の楽天カードを発行した際は新規入会特典はもらえません。

 

海外旅行保険の補償額は合算されない

クレジットカードを複数枚持っている場合、一部例外をのぞいて、海外旅行保険の補償額は合算されます。

しかし、楽天カードは2枚持っていても海外旅行保険の補償額は合算されません。

 

楽天カードを2枚持ちする場合の注意点や疑問点

 

すでに持っている楽天カードのカード番号は変わらない

2枚目の楽天カードを発行しても、すでに持っている楽天カードのカード番号は変わりません。

なので安心してそのまま使い続けることができます。

 

引き落とし口座は別々に設定できる

メリットの項目でも少し触れましたが、楽天カードは1枚目と2枚目、それぞれ別の口座から引き落としをすることができます。

ちなみに引き落としの設定をしなければ、1枚目と同じ銀行口座から引き落とされます。

 

限度額は増えない

楽天カードを2枚持ちしても、それぞれに限度額が設定されるわけではありません。

限度額は個人の与信によって決まるので、2枚で限度額をシェアする形になります。

 

例えば、限度額が60万円の場合、

  • 1枚目のカードで40万円
  • 2枚目のカードで20万円

これで利用枠は全て使い切ったことになります。

 

ポイントはまとめられる

二枚の楽天カードどちらを使っても、ポイントは一元管理できます。

例えば、

  • 1枚目のカードで300ポイント
  • 2枚目のカードで700ポイント

このようにポイントを獲得したら、ちゃんと合算され、楽天のアカウントに1,000ポイント付きます。

 

 

公式サイト:楽天カード