楽天カードのデメリット

楽天カードのデメリットを解説、紹介します。

楽天カードのデメリット|残念な点

  • 広告メールが多い
  • ステータスが低い
  • アメックスはデメリットだらけ
  • 紙の利用明細書は有料

広告メールが多い

楽天カードに限らず、楽天に登録すると広告メールが非常に多く届くので、煩わしいと感じる方は少なくないと思います。

特に楽天カードの広告メールの中には、(高額な手数料が請求される可能性がある)「リボ払い」の利用を催促するものもあり、知識のない方にとっては半ばトラップになっています。

とは言え、広告メールを止められない訳ではありません。

楽天カードのオンラインサービスである「e-NAVI」から広告メールの配信を止めることができます。ですので、ちゃんと設定すれば楽天カードからのメールは必要最低限になるので心配は不要です。

ステータスが低い

楽天カードは年会費が無料で、発行の難易度も決して高くありません。むしろ誰でも発行しやすいクレジットカードです。そのためステータスは高くないです。

楽天カードはハイステータスで有名なAmerican Express(アメックス)ブランドを選ぶこともできますが、アメックスであっても楽天カードの場合はステータスは高くないです。

別にステータスが低いからといって特に損をする訳ではないですが、やはりクレジットカードにとってステータスの高さは魅力の一つなので、ステータスが低いと言うのはちょっと気になる方もいるかもしれません。

ネット上でも「楽天カードはダサい」みたいな意見は少なくありません。

とはいえ、最初に紹介したように楽天カードは11年連続で顧客満足度1位に輝いているクレジットカードなので、大抵の人はステータスより実利を評価していると考えられます。

アメックスはデメリットだらけ

参考:楽天カードのアメックスは使えない?|メリットとデメリットを解説

紙の利用明細書は有料

楽天カードはネットで利用明細を見る分には無料ですが、紙の利用明細書を自宅に郵送してもらう場合にはお金がかかります。

1回の郵送あたり84円(税込)です。

明細書発行費用とご請求方法

明細書発行月と同月のご請求金額に明細書発行費用84円(税込み)を加算して請求させていただきます。

出典:WEB明細サービス|楽天カード

WEB明細のみなら手数料は無料

手数料を払いたくないという方はネット上で利用明細を確認しましょう。

楽天カードにはWEB明細サービスというものが用意されており、「楽天e-NAVI」(楽天カード会員専用のウェブサービス)から明細をネット上で確認することができます。

こちらは利用料は無料なので安心です。

筆者はなんでもネットで済ませたいタイプなのでネット上の利用明細で十分ですし、むしろ紙の明細は送ってこないで欲しいのですが、利用明細を紙で管理したい方にはデメリットですね…

楽天カードのデメリットまとめ