楽天カードを一人で2枚持ちできる!2枚目を作る方法とメリット・デメリット

楽天カードは一人(同一名義)で2枚作ることができます。

楽天カードを2枚持ちする条件

2枚目の楽天カードを発行する場合の方法や条件について解説します。

一般カードであること

一般カードというのはノーマルの楽天カードのことです。

国際ブランドがVISAであっても、以下の楽天カードの場合は2枚目の楽天カードを発行することはできません。

  • 楽天ブラックカード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天銀行カード(キャッシュカード一体型)
  • 楽天ビジネスカード

国際ブランドがVisaであること

楽天カードの国際ブランドは以下の4種類の国際ブランドから選ぶことができます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

2枚目の楽天カードが作れるのは、1枚目の楽天カードがVisaの場合のみです。

1枚目の楽天カードがVisa以外の場合は残念ながら2枚目の楽天カードを発行することはできません。

2枚目の楽天カードを発行する方法

2枚目の楽天カードを発行(追加)する申し込みはカンタンです。

楽天カードの会員ページ「楽天e-NAVI」からカンタンに追加の申し込みをすることができます。

楽天カードを追加する手順

  1. 「楽天e-NAVI」へアクセス、ログイン
  2. 「お申込み(カード/サービス)」を選択
  3. 「カードのお申し込み」という項目の中の「2枚目のカードの作成・切り替え」を選択
  4. 2枚目に希望する楽天カードを選択
  5. 本人情報の変更有無の確認
  6. デザインを選択
  7. 申し込み完了

追加できる2枚目の楽天カードについて

2枚目の楽天カードとして発行できるのは以下の楽天カードです。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

また、楽天カード(一般カード)のMastercardかJCBを選んだ場合、通常の銀のデザインは選ぶことができないので注意しましょう(「お買いものパンダ」や「楽天イーグルス」のデザインになります)。

楽天カード 楽天イーグルス楽天カード お買いものパンダ

 

楽天カードを2枚持ちするメリット、デメリットと疑問点

楽天カードを2枚持ちする場合のメリットとデメリット、注意点等を解説します。

楽天カードを2枚持ちするメリット

楽天カードで2枚目を作るメリット

 

楽天カードを2枚持ちするデメリット

続いてはデメリットです。

2枚持ちできるカードに制限がある

追加カード発行の条件でも触れましたが楽天カードは無条件に2枚持てるわけではありません。

1枚目はVisaブランドの楽天カード(一般カード)である必要があります。2枚目の楽天カードもなんでも好きなカードを選べるわけではありません。

2枚持ちできる楽天カードに条件があるのは少々残念な点ですね。

新規入会特典はもらえない

当たり前といえば当たり前なのですが2枚目の楽天カードを発行した際は新規入会特典はもらえません。

海外旅行保険の補償額は合算されない

クレジットカードを複数枚持っている場合、一部例外をのぞいて海外旅行保険の補償額は合算されます。

しかし、楽天カードは2枚持っていても海外旅行保険の補償額は合算されません。

2枚持ちの注意点や疑問点

楽天カードを2枚持ちする場合の注意点や疑問点を解説します。

3枚作ることはできない

楽天カードは2枚までしか持てません。3枚以上持つことはできません。

利用限度額は増えない

楽天カードを2枚持ちしてもそれぞれに限度額が設定されるわけではありません。利用限度額は2枚のカードの大きい方が採用されます。

また、限度額は個人の与信によって決まるので2枚で限度額をシェアする形になります。

例えば、限度額が60万円の場合、

  • 1枚目のカードで40万円
  • 2枚目のカードで20万円

これで利用枠は全て使い切ったことになります。

ポイントはまとめられる

二枚の楽天カードどちらを使っても、ポイントは一元管理できます。

例えば、

  • 1枚目のカードで300ポイント
  • 2枚目のカードで700ポイント

このようにポイントを獲得したら、合算されて楽天のアカウントに1,000ポイント付きます。