90%以上の確率で儲かる!?「IPO株」とは?

高確率で値上がりし、比較的カンタンに儲けることができる「IPO株」について解説します。

 

IPO株とは

IPO株とは、カンタンにいうと「これから上場する予定の株」です。

 

株式会社は、規模の拡大などを求め「上場」を目指します。

上場することで、その会社の株が証券取引所で取引(売買)されるようになり、誰でもその会社の株を買うことができるようになります。

新規上場が約束された株式は、上場前に情報が公開され、上場直前に購入予約を受付開始します。

この「上場前の期間に予約して買う株」のことをIPO株と言います。

 

IPO株は儲かる!?

株は通常、買う人が多ければ株価が上がり、売る人が多ければ株価が下がります。

この値動きをうまく読んで株を売買することができれば、利ざやでお金を稼ぐことができます。

例:100円の株を150円で売った→差し引き50円の儲け(手数料等は除く)

 

とはいえ、株価が上がるか、下がるか、カンタンに予測できたら苦労はないですよね。

しかし、IPO株は予約受付の際に「公募価格」が値付けされます。

ここ数年、新規に上場した企業の約8割が、公募価格より初値が上回っています。

2015年に至っては、新規上場した92社のうち、82社は公募価格を上回る初値がついています(新規上場の9割が公募価格より初値が上回っています!)

 

IPO株の購入は抽選で当たった方のみ

IPO株は8~9割が値上がりする、非常に儲けやすい株だということは理解できたかと思います。

こんなに”美味しい株”があるなら、みんなIPO株を買えばいいのでは?と思いますが、世の中にはそんな美味しい話はありません。

 

IPO株はその数に対して、購入希望者が非常に多いので、基本的に抽選です。

抽選で当たった方のみがIPO株を購入することができます。

ただし、抽選といっても、”お得意様”や資金の多い方が抽選で有利になる証券会社もあるので、資金が少ない方など、IPO投資の初心者の方は注意しましょう。

 

マネックスは100%完全平等抽選

証券会社「マネックス」の抽選方法は100%完全平等抽選で、資金が多い方やお得意様が有利ということはありません。

資金が少ない方にも平等にチャンスがあります。

IPO初心者の方にオススメです。

公式サイト:マネックス

 

IPO投資にオススメの証券会社

IPO投資をするためには証券会社の口座を開かなければなりません。

 

IPO株は、証券会社ごとに配分が決まっているので、割り当ての多い証券会社を選ぶと、抽選にも当たりやすくなります。

逆に、割り当てのない証券会社では、口座を取得してもIPO株の抽選に参加することはできないので注意してください。

様々な証券会社を使い、複数の口座を作って、抽選に参加することで、当選確率をアップすることができるので、良さそうな証券会社の口座をいくつか開きましょう。

 

IPO投資の手数料

IPO投資の売買手数料は証券会社によって幅広いです。

手数料が安いのは「むさし証券」や「ライブスター証券」。逆に高いのは「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」や「東海東京証券」です。

手数料などを参考にしながら、自身にあった証券会社を見つけましょう。

 

オススメの証券会社

マネックスはIPO株の取扱数が多く、またIPO抽選への参加者が(比較的)少ないので、オススメです。

手数料はそこまで安くないですが、高くもないです。

また、抽選方法は100%完全平等抽選で、資金が少ない方にも平等にチャンスがあります。

IPO初心者の方にオススメです。

公式サイト:マネックス