所得税の税率と控除額、計算方法について

所得税の税率、控除額、計算方法

所得税の税率と控除額、計算方法について解説します。

 

所得税とは?

所得税は名前の通り、所得にかかる税金です。

個人事業主の場合、所得は「売上-経費=所得」です。

 

所得税の税率と控除額

所得税の税率と控除額は以下の通りです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

 

所得税は累進課税と言って、税率は一律ではなく、所得に応じて税率が上がっていく仕組みになっています。

累進課税は5%から45%の7段階に区分されています。

 

所得税の計算方法

所得税は以下の式で求めます。

  • (課税される所得金額)x(税率)-(控除額)=(所得税の納税額)

 

例えば「課税される所得金額」が700万円の場合、税額は以下のようになります。

7,000,000×0.23(23%)-636,000=974,000

納税額:974,000円

 

なお、課税される所得金額は千円未満の端数金額を切り捨てた後の金額です。

 

平成19年分から平成26年分の所得税

ちなみに、平成19年分から平成26年分までは、以下の税率(控除)でした。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超 40% 2,796,000円