Wikipediaに寄付する方法|日本で税控除はされるのか?

Wikipediaに寄付する方法を画像付きで紹介します。

また、合わせて、Wikipediaへの寄付が日本で税控除(寄附金控除とか寄附金の損金算入など)はされるのかについても合わせて解説します。

Wikipediaに寄付する方法

Wikipediaにクレジットカードで寄付する手順を解説します。

 

1.サイドバーのヘルプの中にある「寄付」をクリック

Wikipediaのサイドバーにある「寄付」をクリックします。

 

2.寄付の頻度と寄付額を決定

サイドバーの「寄付」をクリックすると、Wikipedia創設者であるジミー・ウェールズからのメッセージが表示され、その横に、寄付の頻度、金額、支払い方法を選ぶパネルが表示されます。

ここで、金額と支払い方法を入力しましょう。

今回は、「一度だけ」「300円」「クレジットカード/デビットカード」を選びました。

 

ちなみに、表示されている金額から選ぶだけでなく、自分で好きな金額を指定することもできます。

ただし、Wikipediaの寄付の最低額は1ドルとなっており、日本円でもそれに対応したものになっています。

「1円だけ寄付」といったことはできないので注意しましょう。

 

 

私も最初は100円だけにしようかなと思ったのですが、寄付できる最低金額が112円だったので結局、提示されている中で最低額の300円にしました。

 

3.氏名、メールアドレス、クレジットカード

寄付の頻度、金額、支払い方法を選んだら、支払い情報の入力に移ります。

私はクレジットカード支払いを選んだので、氏名、メールアドレス、クレジットカード情報を入力する欄が出てきました。

 

4.寄付完了

カード情報を入力し、「続ける」をクリックすれば寄付完了です。

寄付が完了すると、華やかなページに移ります。

 

Wikipediaへの寄付は税控除されるのか

日本では、Wikipediaに寄付をしても寄付金控除の対象にはなりません。

少し古いですが、公式にもハッキリと書かれています。

日本の国税、地方税の控除は、2008年現在ありません

引用元:寄付金の税控除 – Wikimedia Foundation Governance Wiki

まとめ

Wikipediaを利用している方は多いと思います。

Wikipediaにお世話になっている方は、日頃のお礼に寄付をしてみてはいかがでしょうか?

 

Wikipediaへの寄付はこちら:今すぐ寄付を – Donate