クレジットカードは未成年でも発行できるのか?

クレジットカード 未成年

未成年でもクレジットカードを作ることができるのか解説します。

 

クレジットカードが作れるのは18歳以上

クレジットカードを作ることが出来る年齢は原則18歳以上です。

18歳未満の方は例え社会人であってもクレジットカードを作ることは不可能です。

 

現在、日本では成人の基準が20歳ですから、未成年でも可能ということになります。

(日本では成人の基準が2022年4月1日に20歳から18歳に変わるので、そうなればクレジットカードは「未成年は不可」になるといえます。)

 

高校生は作れない

ちなみに、18歳以上であれば誰でもクレジットカードを作れるのかというと、それも違います。

現在、18歳以上から申し込めるクレジットカードであっても、高校生は申し込むことができなくなっています。

 

18歳の誕生日を迎えても高校生の場合、クレジットカードが作れないので気をつけてください。

また、定時制に通うなど、18歳以上の社会人兼高校生の場合も、高校生として申し込めば審査に落ちるでしょう。

 

未成年者は親権者の同意が必要

学生や社会人などの身分に関わらず、未成年の方はクレジットカードを作成する際に親権者(両親などの保護者)の同意が必要になります。

(2022年4月1日の成人年齢引き下げ(18歳成人)により、不要となる見通しです。)

 

クレジットカードに限らず、未成年者の契約には原則親権者の同意が必要と法律で定められているのでどこのカード会社でも日本で契約する限り例外はありません。

10代の方でクレジットカード作成をするなら、この点も考慮しておいた方がいいでしょう。

 

今時クレジットカードを危険視し、子供に作らせない親はそう多くないと思いますが、もし親権者が拒否した場合には大人しく諦めましょう。

クレジットカード会社や申し込み内容によっては電話やハガキ等で、親権者に確認の連絡がいくことがありますし、トラブルが起こった際に対応するのは親権者ですから、親権者に無断でクレジットカードを作ることはオススメできません。

 

まとめ

クレジットカードは未成年者の方でも18歳以上であれば作ることができます。

18歳以上~20歳未満の方はクレジットカード会社がその年齢層を意識して作った若者向けのカードがあり、そうしたカードはお得で審査も緩くオススメです。

 

若者向けのクレジットカードには三井住友VISAカードの「デビュープラスカード」などがあります。

 

18歳未満の方にはデビットカードやプリペイドカードがオススメ

18歳未満でクレジットカードが作れない、でも通販などでクレジットカードを利用したいという方にはデビットカードやプリペイドカードを利用するのがオススメです。

デビットカードやプリペイドカードであれば、年齢制限がないか、あってもクレジットカードより低いことが大半ですし、審査もないか、あっても緩い審査なので、未成年者でも作りやすいです。

 

普通に買い物する分にはデビットカードやプリペイドカードもクレジットカードとほぼ同じように使えるのでオススメです。

 

例えば、プリペイドカードである「Kyash VISAカード」であれば、年齢制限なし、審査なしで発行できます。