クレジットカードの不正利用を補償する紛失盗難保険とは

クレジットカード 不正利用

クレジットカードは盗まれて不正利用されても、その金額を自分が負担する必要はありません。

 

クレジットカードを利用する上で、「不正利用が怖い」と思っている方は少なくないと思います。

確かにクレジットカード番号が流出して不正利用される事件は多く、社会問題にもなっていますが、実際に不正利用の被害にあっても、被害者に金銭的な損害が発生することはまずありません。

 

盗難被害を保障する盗難保険

日本で発行されるクレジットカードは、基本的にすべて盗難保険が付いています。

これは、クレジットカードを紛失したり盗難に遭って誰かに不正利用された場合に、その損失を補償してくれる保険です。

つまり、不正利用による決済に関しては全てカード会社が保障してくれます。

 

カードによっては紛失保険と盗難保険の2種類に別れていたり、紛失盗難保険という場合もありますが、基本は同じです。

これらは無料、有料、学生向け、ビジネス向けなど問わず、ほとんどのクレジットカードに付帯しています(盗難保険がないクレジットカードは日本ではまずありません)。

 

盗難保険や紛失保険と言われますが、実際には犯罪によって利用された金額の全てが対象です。

クレジットカードの盗難はもちろんのこと、カード番号の流出や不正アクセスによる被害なども盗難保険の適用範囲です。

そのため、クレジットカードの不正被害に関しては利用者が負担する必要はありません。

 

しかも、これらは自動付帯なので、特別な手続きや申し込みをする必要もありません(補償を請求する際は申請が必要です)。

 

盗難保険がないクレジットカード

当たり前ですが、盗難保険がない場合は、不正利用の被害額も補償されず、自分で決済しなければなりません。

ですが、盗難保険がないクレジットカードというのはまずありません。

もちろん、盗難保険に限らず自身が持っているクレジットカードのルールや保険は様々なので、各自しっかりと確認すべきですが、盗難保険に関してはまず間違いなく付帯していると考えていいでしょう。

 

まとめ

紛失、盗難はもちろん、詐欺にあった場合やお店でトラブルがあった場合などもクレジットカードなら後払いのため対応できます。

現金であれば盗難被害にあってお金を使われてしまえば取り戻すのはほぼ不可能ですが、クレジットカードであれば損害が発生しても、被害者が支払う必要はないですからね。

これはクレジットカードの大きなメリットです。

 

もちろん盗難保険で補償されないケースもありますが、クレジットカードを正しく利用していれば、そこまで不安になる必要もありません。

常識的にカードを使っている人ならばほぼ問題なく補償が受けられると考えていいでしょう。

 

クレジットカードは危険というイメージを持っている方もいますが、適切に使えば現金よりも便利で安全です。

安心、安全なクレジットカードをうまく活用しましょう!