クレジットカードのリボ払いとは?|メリット、デメリット、注意点を解説

クレジットカード リボ払い

クレジットカードのリボ払いはお金を使っているという実感がわきづらく、それでいて利息(金利)が非常に高く、無計画に使うと借金地獄に陥る可能性すらあります。

月並みですが、クレジットカードのリボ払いのご利用は計画的にしましょう。

 

*この記事で紹介しているリボ払いはショッピングのリボ払いに関してです。キャッシングについては触れていません。

 

リボ払いとは

リボ払いとは「リボルビング払い」の略で、様々な方式がありますが、基本的に、毎月指定された一定の金額を返済していく支払い方式です。

 

例えば、15,000円の買い物をした場合、一回払いであれば当然後から15,000円が一度に銀行口座から引き落とされます。

しかし、リボ払いの場合、例えば一回5,000円に指定しておくと毎月、5,000円ずつ引き落とされます。

つまり15,000円の買い物であれば3ヶ月間(実際は金利がかかるのでそれ以上の期間かかる場合もあります)かけて代金が引き落とされることになります。

 

リボ払いのメリット

クレジットカード リボ払いのメリット

大きな買い物をしても利用限度額内であれば返済額が一定なので、毎月の支出が一定になるというメリットがあります。

また毎月の支払いは月々最少の支払額で済むため、余裕が無くてもショッピングできるというメリットもあります。

 

抗弁権の接続ができる

クレジットカード払いで商品、サービスを購入した場合、商品、サービスに問題があったり販売店の倒産などにより商品やサービスの提供を受けることができない可能性があります。

そのような場合に、クレジットカードの支払いを拒否できるのが「抗弁権の接続」です。

例えば、「旅行会社を通して5万円の旅行を申し込んだが、旅行会社が倒産し、旅行に行けなくなった。しかし、クレジットカードの5万円の支払いはそのまま残った」このような場合に「抗弁権」を使えば5万円を支払わずに済みます。

 

抗弁権が認められる条件がいくつかありますが、そのうちの一つが支払い方法と金額で、分割払いでは40,000円以上、リボ払いでは38,000円以上の利用で抗弁権が認められます。

これは一括払いでは認められません。

 

月々の支払い額を変えることができる。

分割払いの場合、分割回数を決めたらあとから変更することはできません。

できるのは、残金を全額支払うことだけです。また、その場合カード会社により早期完済手数料がかかってしまいます。

しかし、リボ払いであれば毎月の支払額を自由に増やすことができます。

余裕のある時には支払いを増やすことにより、返済を早め、トータルの手数料(金利)を減らすことができます。

 

利用金額に制限がない

分割払いの場合一回の買い物が10,000円以上などの制限があります。

ですが、リボ払いにはこのような制限はありません。1円の買い物でもリボ払いにすることができます。

 

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリット

リボ払いの場合、分割払いとは違いクレジットカード利用残高全体に金利(利息)や手数料がかかりますので、使えば使うほどリボ払いの手数料も増えていくというデメリットがあります。

例えば、15,000円の買い物でも、毎月の支払いは5,000円+手数料(もしくは元本+手数料で5,000円)となるので商品の値段より支払う金額は多くなります。

リボ払いを使う場合はこの点に十分注意して使用してください。

 

お金を使っている実感がわかない

リボ払いは最小限の支出で使える分割払いのようなものであり、お金が貯まるまで待たなくても商品を買うことができます。

そのためリボ払いはお金を使っているという実感が湧きにくいのが注意点です。

 

リボ払いには残高スライド方式というものがあります。

利用残高に応じて毎月最少の支払額が変動すると言う仕組みになっており、追加でショッピングしても利用残高が基準内であれば毎月の支払額は変動しないという方式です。

 

例えば10万円未満なら毎月5000円の支払額、10万円から15万円までなら毎月7500円の支払額となる場合、最初に5万円のショッピングを行い追加で3万円のショッピングをしても残高は10万円未満となりますので毎月の支払額は5000円のままとなります。

残高は増えているのに支払額が変わらないのでお金を使っているという実感がわきづらいです。

また、支払い額が増えても数千円のため、やはり実際の利用額に対して使ったと感じる額が少なく感じてしまう方が多いです。

 

そのためリボ払いではクレジットカード特有の「お金を使っている実感が無い」という錯覚が起こりやすく、ついお金を使い過ぎてしまう恐れがあるのです。

 

利率、手数料が非常に高い

リボ払いの場合、残高が増えれば当然金利(利子、利息)が増えていき、気が付いた時には金利だけでも何万円という額になっていたり、毎月に支払いすら困難になるというケースがよくあります。

 

リボ払いは多くのカード会社で利率が高めに設定されており、ざっとカード会社を見渡すと年率15%くらいの設定が多いようです。

年率15%ということはリボ払いの利用残高が1年間10万円あった場合、利息は15,000円ということです。

そのため、1年間かかっても返せないくらい借金が多いと、毎月の支払いが元金より金利の方が多くなってしまうことも…

 

もちろん、リボ払いでも繰り上げ返済などを利用し、早くに返済すれば金利は少なく済みますが、複数のカードで多額の支払いをリボ払いにしてしまった場合や毎月の返済を5,000円など少額にしている場合は、金利だけでも大変な額になることもあります。

 

使い方次第では利子や手数料を安く抑える方法もありますが、方法が非常に限定的な上に、カードの仕組みをよく知らずに使うと危険なので、避けた方がいいでしょう。

 

リボ払いには手を出すな!

リボ払いのメリット、デメリットについて説明してきましたが、基本的にリボ払いの利用はオススメできません。

分割払いやボーナス一括払いが手数料が少なく便利な一方で、リボ払いは非常に危険な支払い方法だからです。

 

クレジットカード会社やカードの種類にもよりますが、一般的にクレジットカードのリボ払いは利率が年率15%ほどです。

簡単に言うと、100万円の利用をリボ払いにして、1年後に支払う場合は115万円支払わなければならないと言うことです。

これだけの手数料を稼げるからこそ、クレジットカード会社はリボ払いを勧めてくるんですよね。

 

何十万円もリボ払いにして、毎月の支払いを5,000円や1万円と言う定額で返済をしていると、手数料(金利、利息)ばかりかかっていつまでたっても返済できません。

 

年利が15%なら一ヶ月の手数料は1.5%です。

1,2ヶ月使うだけならいいかも知れませんが、少ない金額に分割できるからといって数年単位で使っていては手数料が大変な額になりますから注意しましょう。

 

リボ払いの危険性を抑えるには

リボ払いの危険性を抑えるためには、身も蓋も無いことですがリボ払いを選ばない(使わない)事が一番です。

なるべく1回払い、それが無理な時は2回払いまたはボーナス払いを選びましょう。

リボ払いは利息が付きますが1回払いや2回払い、ボーナス払いでは利息は付かず、手数料も少額、もしくは無い場合が多いです。

 

根本的な話ですが、リボ払いを防ぐためにはクレジットカードとの付き合い方を計画的に知る他ありません。そうしなければお金が無い時などふとした時リボ払いに手を出してしまいます。

クレジットカードを持っていると自由に使えるお金がたくさんあるように錯覚しがちなので、毎月ショッピングできる範囲は無理のない金額までと予め決めておきましょう。

 

どうしてもクレジットカードでは歯止めが効かないという場合は、デビットカードやプリペイドカードを作成・使用しておくと借金せずに支払う形になるので、お金の使い過ぎの防止に役立ちます。

そして使わないクレジットカードは解約すると危険度がさらに低くなります。

 

まとめ

リボ払いは簡単に借金ができるシステムです。

毎月の支払い額を柔軟にコントロールでき、使い方によっては分割払いよりお得に利用できます。

しかし、不用意に使用すると借金がどんどん大きくなり、手数料や利子だけでも大きな金額になってしまいます。

 

リボ払いはお金がなくても簡単に借金できるというメリットもありますが、

  • お金を使っているという実感が無くなりやすい
  • 借金の利息(利率)が非常に高い

という慣れていない人や自制できない人からすれば非常に危険なサービスでもあります(しかも手数料がたくさん取れる分、カード会社は勧めてきます)。

 

リボ払いはできる限り使わないようにし、使用する場合には細心の注意を払って使いましょう。

もし、使ってしまった場合にはとにかく迅速に返済することが重要です。