クレジットカードのリボ払いの金利を計算する方法

リボ払いの金利

クレジットカードのリボ払い(リボルビング払い)の金利、手数料について解説します。

 

リボ払いのよくある質問

クレジットカードのリボ払いは仕組みが他の支払い方法などと比べて複雑で、また金利手数料が多くかかるなど危険性も高い支払い方法です。

そんなリボ払いの金利について解説します。

 

手数料と金利(利子、利息)は何が違うの?

ショッピングの支払いの時に払うのが手数料、お金を借りたときに払うのが金利(利子、利息)です。

ただし、カード会社も厳密に使い分けているわけではないので、手数料=金利と考えても特に問題ありません。

 

リボ払いの金利の計算方法

リボ払いの金利で多いのは年率15%ですので、15%を例に考えます。

まず、年率15%は「1年間で15%の金利が付く」ということです。

つまり、リボ払いの残高が100万円なら、1年間で15万円の手数料です。

 

例えば、リボ払いの残高が100万円で次回の支払いが10万円の場合は以下のようになります。

  • 100万円(残高)の金利が年間15万円
  • 年間15万円を月(12ヶ月)で割って12,500円。
  • 従って、100,000(元本)+12,500(金利)=112,500円が1ヶ月の支払いになります。

翌月は残高を90万円として同様の計算をします。

 

リボ払いを一括払いに戻せないのか?

一度リボ払いに設定した決済を一括払いに戻すことはできません。

ただし、リボ払いの残高全額(一部)を次の支払い日や任意の日にまとめて支払うことはできます。

大抵の会社はそうした臨時支払い(繰上げ返済)に対応しているので、お金に余裕がある月や臨時収入があった月は積極的に繰上げ返済しましょう。

少しでも早くお金を返し、リボ払いの期間を短くするのが金利を抑え、負担を軽くするコツです。

 

支払い額を増やしても金利が減らないのは何故?

リボ払いの手数料は通常締め日時点のリボ残高で決定します。

ですので、支払い額を増やしても、その月の手数料は変わりません。

今月の支払い額を増やす=リボ払いの残高を減らすことにより減るのは来月以降の手数料です。

早く残高を減らすことで、結果としてトータルの手数料はちゃんと減っているので安心してください。

 

リボ払いは手数料が複雑

リボ払いは手数料の仕組みが特にわかりづらいのが大きなデメリットです。

リボ払いについて調べている方の中にも、金利がいくらなのか、金利でどの程度損をしているのか気になる方が多いように感じます。

リボ払いの金利については慣れないと計算等難しいかもしれませんが、その点をよく理解して使わないと余計なお金を払うことになり危険なので、リボ払いはよく調べてから使いましょう。