クレジットカードの暗証番号は絶対に他人に知られないようにしましょう

クレジットカードの暗証番号は他人に知られないように設定し、管理しましょう。

 

暗証番号とは

クレジットカードの暗証番号とは、クレジットカードでショッピングやキャッシングを利用する際に、カードの読み取り機やATMに入力する4桁の数字のことです。

暗証番号はクレジットカードを申し込む際に自分で考え、クレジットカード会社に登録します。

 

クレジットカードと暗証番号があれば、誰でもそのカードを使って買い物できてしまいます。

ですから、暗証番号は絶対に他人に知られないようにしましょう。

クレジットカードの利用規約でも、暗証番号を誰にも知られないように適切に管理することが求められています。

 

暗証番号を他人に教えてはいけない

いうまでもないことかもしれませんが、クレジットカードの暗証番号は絶対に他人に教えてはいけません。

世の中には愛人や家族にクレジットカードを渡し、暗証番号を教え自由に使わせている方もいますが、そういったこともやめましょう。

 

暗証番号を雑に管理しない

暗証番号は自分の頭で覚えましょう。

紙などに書いて保存するのは好ましくありません。

まして、クレジットカードの裏側に暗証番号をメモするなど絶対にやってはいけないことです。

 

推測されやすい暗証番号を設定するのは絶対NG

クレジットカードの暗証番号を設定する際は、絶対に他人に推測されやすい暗証番号を設定してはいけません。

例えば、「0000」や「1234」など、暗証番号がシンプルだとカンタンに他人に推測されてしまいます。

他にも、自分の誕生日や住所、自宅の電話番号などの数字を引用して暗証番号を設定するのも絶対NGです。

例:12月30日生まれ→暗証番号「1230」

 

電話番号や誕生日などを暗証番号に設定しておくことは非常に危険です。

例えば、クレジットカードを財布ごと盗まれた場合、財布の中に入っている免許証や学生証などの身分証明書から電話番号や誕生日を知られてしまいます。

そして財布の中に一緒に入っているクレジットカードが不正利用されてしまいます。

 

他人に推測されやすい暗証番号を使っている方はいますぐに暗証番号を変更しましょう。

 

まとめ

クレジットカードの暗証番号が他人に知られていると、カードが不正利用された際にカード会社の補償が適用されない場合があります。

ですから、クレジットカードの暗証番号は絶対に誰にも知られないように、適切に管理しましょう。

もっとも、これはクレジットカードに限らず、銀行やスマートフォンなどの暗証番号にも言えることです。