高校生がクレジットカードを作る方法|海外留学に行く場合は作れる可能性あり

高校生 クレジットカード

高校生は原則、クレジットカードを作ることができません。

しかし、高校生でもクレジットカードを持てる例外があるのでそれを紹介します。

 

高校生はクレジットカードを作れない

基本的に高校生はクレジットカードを作れません。

審査難易度や条件が低いクレジットカードでも、条件は「18歳以上(高校生を除く)」となっています。

 

ちなみに、「18歳でも高校生は作れない」という言い方からも分かる通り、クレジットカード会社は年齢ではなく高校生という身分に注目しています。

そのため、「高校生だけど留年しているから20歳です」といった場合も発行は非常に難しいです。

もちろん、中には定時制高校に通う社会人もいるでしょうし、「高校生は絶対不可」という訳ではありませんが、その場合も社会人ではなく高校生として申し込めば審査に落ちる可能性が高いです。

 

家族カードも作れない

クレジットカードには家族カードといって、カードの所有者が自分の家族に自分の名義でカードを発行することができる場合があります。

しかし、家族カードも、使用者が高校生の場合、発行できません。

家族カードも多くのクレジットカード会社では「高校生を除く18歳以上の配偶者・子供」を使用者として規定しています。

 

海外留学に行く場合は家族カードが作れる?

高校生は基本的にクレジットカードが作れないことはお伝えした通りです。

しかし、例外があります。

それは海外留学に行く場合です。

 

一部、カード会社では海外留学やホームステイなど海外でクレジットカードを使いたい場合に限り、15歳から18歳の高校生にも家族カードの発行を認めている場合があります。

高校生の子供が海外留学に行く場合に、海外留学先でクレジットカードが使えないと不便だろうという状況を考慮しての特例です。

 

家族カードに対応しているかどうかは各種クレジットカードのウェブサイトに書かれているので簡単にチェックできます。

しかし、当然ながらこの「特例」に関しては案内されていません。

ですが、そのような特例があるということは事実なので、本気で海外留学などの際にクレジットカードが欲しいと言う場合は気になるクレジットカード会社に問い合わせてみたり、情報サイトで調べてみましょう。

 

高校生がクレジットカードを作るのは無理と考えて良い

今回紹介した特例であれば高校生でもクレジットカードを持てる可能性があります。

 

ですが、海外留学など特別な事情が必要ですし、一部のクレジットカード会社の特例なので基本的には不可能です。

しかも、特例が認められても、作れるカードは結局家族カードなので、カードの名義は親ですし、支払いなどの管理も親になります。

 

高校生が自分のクレジットカードとして使うには無理がありますね。

加えて、この特例が認められるのも高校生で、中学生は小学生は不可です。

 

高校生にはプリペイドカード/デビットカードがオススメ

今回紹介した例はあまり現実的ではありません。

高校生の方がクレジットカードを使いたい場合はデビットカードかプリペイドカードを使いましょう。

 

デビットカードやプリペイドカードなら高校生でも作れます。

買い物をするだけならほぼクレジットカードと同じように使えるので通販などでクレジットカードが使いたい方はこちらを検討してみるといいでしょう。

デビットカードやプリペイドカードなら審査も特になく発行できるのでオススメです。

 

例えば、Kyash VISAカードなら、年齢制限なし、審査なしで誰でもVISAプリペイドカードが発行できます。