クレジットカードを不正利用されないための対策

2193

紛失・盗難防止

紛失、盗難防止は不正利用対策の基本中の基本です。

クレジットカードは他の貴重品同様、外では肌身離さず持ち歩きましょう。

ATMを使うときも、目を離さずに使うことが大切です。

また、紛失した際は、すぐにカード会社に連絡し、カードを停止することが大事です。盗難にあった際は、カード会社だけでなく、警察にも届け出ましょう。

クレジットカードを紛失してしまう

クレジットカードを普段から財布に入れっぱなしにしている方は非常に多いですが、財布を落としてしまうと現金と同時にクレジットカードを紛失してしまいます。悪意のある人物に財布を拾われてしまったら、クレジットカードの限度額いっぱいまで不正利用される恐れがあります。
クレジットカードを持ち歩く場合はおとしものや忘れ物に注意し、場所を移動するときはカードの入った財布をきちんと身につけたかを確認する習慣をつけましょう。
財布にクレジットカードを入れておくと、万一財布を落とした時にすべての決済手段が使えなくなってしまいます。財布とは別にカード入れを用意しクレジットカードはそちらに入れておく、というのもひとつの自衛策です。

電話一本で手続きは完了するので、紛失に気づいたらすぐ警察に届けると同時にカード会社に連絡し利用停止措置をとってください。

盗難被害を避けるには

クレジットカードの盗難も深刻な問題です。財布と一緒にクレジットカードを盗まれて不正利用される被害は後を絶ちません。ちょっとした事に気をつけるだけでも盗難の危険性を回避できるので、日頃から防犯意識を持って行動しましょう。
最も危険なのが電車や駅でのスリ被害です。スリは狙いやすそうな獲物のみを狙い、厄介な相手には手を出そうとしません。内ポケットやハンドバックの中など簡単に盗める場所に財布を入れておかないようにするだけでもスリの危険性は大きく下がります。
飲食店で壁にかけた上着や椅子においた荷物からクレジットカードが盗まれるのもよくあるケースです。クレジットカードは常に身につけ、一時的に手放すときも必ず自分の目の届く範囲に置くようにしてください。

スキミングの防止

怪しいお店や特殊な装置が設置されたATMでクレジットカードを使うと、スキミングの被害に遭う可能性があります。

日本では少ないですが、海外での被害は多いので、海外旅行や出張でカードを使う際は注意しましょう。

対策は怪しいお店でカードを使わないことです。信頼できないお店ではカードを使用しないようにしましょう。

怪しいとわかっていてカードを使い、スキミングの被害に遭うと、不正利用された分が補償されない可能性もあります。

また、ATMなどにクレジットカードを挿入する際は、ATMに変な機械が設置されていないかなどを確認しましょう。