クレジットカードの家族カードは同性婚や事実婚、養子でも作れるのか?

家族カード

クレジットカードの家族カードは同性カップルや事実婚、養子等、法律上の家族やパートナーでない場合や血縁関係がない場合でも発行できるのでしょうか?

 

家族カードが定義するの家族とは?

同性のパートナーなど、法律上の家族でない人物にも家族カードが発行できるかどうかは、クレジットカード会社によって様々です。

一般的には以下の条件が多いようですね。

 

  • 本会員と生計を共にする配偶者、両親、子供(18歳以上)

 

多くのクレジットカード会社では基本的にこれを家族カード発行の条件としています。

カード会社によってはこれに追加して、「同居していること」「姓が同じこと(事実婚は不可)」「兄弟でも可」などの条件があることもあります。

 

日本の家族カードは基本的に大黒柱である男性と、それに扶養される両親や女性、子供を想定したサービスなので、そもそも同性婚等の扱いについては特に言及されていませんし、血の繋がった家族でも兄弟は対象外になることが多いようです。

特に日本企業のJCBは厳しいという噂があります。

 

しかし、このような規約はトラブルを避けるために決めている部分もあるので、どうしても気になる方は、一度カード会社に問い合わせてみるのも重要だと思います。

 

家族の範囲が広い家族カード

日本は家族観に対して保守的なこともあり、家族カードが発行できる条件に関しては上記の条件が多いのですが、中には家族の条件がリベラルなクレジットカード会社も存在します。

 

楽天カードは同性パートナーOK

楽天カードは生計を同一にしていれば同性パートナーでも申し込みが可能です。

申し込みも特に難しいことはなく、家族カードの新規入会時に続き柄を「配偶者」にすればOKです。

また、家族カードを追加で申し込む場合には、楽天e-NAVIへログイン後、各種お申し込みメニュー「家族カードのお申し込み」より手続きできます。

 

詳細はこちら↓

 

アメックスは非常にリベラル

家族カードの条件に関しては、アメリカン・エキスプレスカード (アメックス)が非常にリベラルです。

 

アメックスのプロパーカード(アメックスが他者と提携せず、自社で発行しているカード)は同性婚の相手、内縁の妻、育ての親、さらには婚約者にまで家族カードの発行がOKです。

基本的に、自分が家族と思う相手なら誰にでも家族カードを発行できるようです。

 

日本のウェブサイトには以下のように書かれています。

  • 家族カードのご入会資格は、配偶者、ご両親、18歳以上のご子息・ご令嬢等です。

 

一見、普通のようですが、最後に「等」と書かれていることから、例外があることがわかります。

もっとも、法律上の家族でなくてもいいとはいえ、誰にでも発行できるというわけではないでしょうから、このような表記になってるのでしょうね。

 

蛇足ですが、子供を「ご子息・ご令嬢」と表記するあたり、さすがブランド力の高いクレジットカードだなと思いますね笑。

 

まとめ

家族カードの取り扱いに関しては、企業文化を感じますね。

アメックスはアメリカの企業ですし、楽天も公用語を英語にするなど非常にグローバルな企業です。

やはり世界的な視野を持った企業はリベラルな対応をするのでしょう。

とはいえ、最近では三井住友カードでも同性間で家族カードの発行を認めているようです。

今後、日本でもこのような企業が増えていくと思われます。

 

しかし、それでも日本企業が発行するクレジットカードの多くは、「家族とは結婚し戸籍を同一にした男女と血の繋がった子供」という日本ならではの価値観をそのまま引き継いだルールが多いです。

日本発のブランドであるJCBは「配偶者が夫婦別姓の場合は、申し込めません」と明記していますからね。

 

これは個人的な価値観になりますが、今時、事実婚や同性カップル、夫婦別姓に対する対応ができないのは恥ずべきことだと思います。

現に、楽天やアメックスといった企業が対応できているのですから、「システムの都合上、仕方がない」といったこともないでしょう。

そうしたカード会社は露骨にいえば、差別意識の強い会社だとといえますね。