クレジットカードのデメリットとは

クレジットカードにはいくつかデメリットがあります。デメリットの中でも特に代表的なものを紹介します。

 

メリットはこちら→クレジットカードのメリットとは

 

クレジットカードのデメリットとは?

クレジットカードはとても便利で良いものです。

しかし、少なからずデメリットもあります。

 

お金を使いすぎてしまう

クレジットカードのデメリットとして特に有名で、科学的にも証明されているのが、「お金を使っている実感がなく、お金を使い過ぎてしまう」という点です。

現金であれば、使えば使うほど財布の中身が減っていき、お金を使っている実感が湧くので、使い過ぎを防ぐことができます。

ですが、クレジットカードだと一括払いでも一時的に借金ができてしまうため、お金を使い過ぎてしまいます。

 

対策

クレジットカードを利用する際に、お金を使い過ぎないためには、マネーリテラシー(お金の知識、知恵)を高め、ちゃんと自分のお金を管理できるようにすることが大事です。

予算を決めて買い物をしたり、お金を使うたびに家計簿をつけるなどして、正常な金銭感覚を養いましょう。

また、もし双極性障害(躁うつ病)やパチンコ依存症などといった病気や障害で金銭感覚が狂っているのであれば、クレジットカードを作る前に病院へ行きましょう。

 

個人情報が流出するリスク

クレジットカードを発行する際は名前から住所、勤務先まで様々な個人情報を登録します。

そのためカード会社にトラブルがあった場合、個人情報が漏れるリスクがあります。

特にクレジットカードの場合は、何を購入しているか記録が残っているので、自分が購入したものが世間にバレてしまう危険性が少なからずあります。

 

対策

使うクレジットカードの数を絞り、不正利用などに注意すること。

クレジットカードを使う際は世間に知られても良い買い物だけにすることが大事です。

 

まとめ

クレジットカードの代表的なデメリットについて紹介しました。

 

クレジットカードにはポイントがたまったり、保険がついたりと便利でお得なものが多いので、あまり使わない人でも1枚持っておくと何かと便利です。

デメリットに気をつけながら、クレジットカードをうまく活用しましょう。

 

メリットはこちら→クレジットカードのメリットとは