クレジットカードのキャッシング機能とは?

クレジットカード キャッシング

クレジットカードには基本的にキャッシング機能というものが備わっています。

 

キャッシングとは?

キャッシングとはクレジットカード会社から借金をしてクレジットカードで現金を引き出すことをいいます。

多くのクレジットカードには「キャッシング利用枠」が付帯していて(付帯させることが可能で)、この利用枠の範囲内の額をクレジットカードで借金することができるのです。

 

キャッシング枠が設定されていれば、コンビニや銀行のATMでクレジットカードを使ってカンタンにお金を借りることができます。

 

借りたお金は、当然後から返すことになりますが、その際に金利手数料がかかるので、注意しましょう。

 

使わないなら設定しないのが無難

クレジットカードにキャッシング枠を設定するかどうかは申し込み時に決めることができます。

ですが、特に借金をする予定がないなら、キャッシング枠を0円に設定したり、そもそもキャッシング枠を付けないのがオススメです。

 

キャッシング機能があると、つい安易に借金をしてしまう可能性がありますし、万が一クレジットカードを落とした時にキャッシング機能を不正利用されてしまう可能性もあります。

最初からキャッシング機能を使えないようにしておけば、安心です。

 

また、キャッシング枠を付けない方が、クレジットカードの審査も早く済むことが多いです。

 

キャッシング枠は後から設定できる

クレジットカード会社によりますが、キャッシング枠は大抵後から設定したり、限度額を増やすことが可能なので、例えば「海外に行くことになり、キャッシングがしたい」といった場合には後からキャッシングを利用できるようにすることも可能です。

ですから、特に予定がないのなら最初はキャッシング枠は設定しなくても大丈夫です。