使わないクレジットカードを解約する際に気をつけるべきこと

クレジットカードを解約する方法

使わなくなったクレジットカードを解約する際に気をつけておきたいことを紹介します。

 

クレジットカードを解約する方法

クレジットカードの解約は非常に簡単で、大抵のクレジットカードはクレジットカード会社に電話するだけで完了します。

会社によっては明細などが見れるWebページから手続きするだけで解約できるものも。

しかし、カンタンに解約できる手続きとは裏腹に、カードを解約する際にはしっかりとチェックするべき項目があります。

 

支払い残高確認

クレジットカードを解約し破棄するにはまずは残高確認が必要です。

クレジットカードを解約した際、残高がある状態で解約しようとすると一括支払が求められる場合があるためです。

一括支払ができるような残高であれば問題ないですが、もし無理な残高がある場合は注意が必要です。

分割払いやリボ払いを利用中の方は特に注意しましょう。

 

クレジットカードを解約する際は全ての支払が完了した時点で解約したほうが後々面倒な事にならずに済みます。

残高が幾らあるのか分からない場合は、手元に明細がなくてもクレジットカード会社に電話をすればすぐにわかります。

最近ではインターネットでWeb明細を使っている方も多いでしょうから、明細をすぐに知ることは難しいことではないはずです。

 

ポイントの残高も確認

クレジットカードの残高は利用残高だけではありません。

ポイントの残高もあります。

せっかくためたポイントですから、全ては無理でもなるべく使い切ってから解約したいですね。

とはいえ、これは「得しなくなる」だけで「損をする(or トラブルが起こる)」訳ではないですけどね。

 

あまり早いタイミングで解約しないほうが良い

クレジットカードには新規入会特典を用意するものが多くなっています。

もし新規入会からすぐに解約しようとすると入会特典目的だとカード会社に疑われてしまう恐れがあります。

 

特に1度も使わずに入会から半年以内に解約すると疑われやすいです。

何度も繰り返すと社内ブラックに記録され、その後の入会審査に悪影響が出る可能性があります。

社内ブラックは特に期限が無くいつまでも残ってしまうために注意が必要です。

 

入会特典目当てだったとしても、最低半年以上、念のため1年以上は解約を待ったほうが良いです。

 

カード会社に解約の電話連絡を行う

解約にあたって上記のことを確認したら、クレジットカード会社に解約の電話連絡を行いましょう。

クレジットカード会社の電話番号はクレジットカードの裏面に記載があることが多いのですぐに分かります。

本人確認と残高の確認があり、残高が無ければ無事に解約となります。

 

クレジットカードを作成する時は入会審査などで時間が掛かりますが、解約する時は非常にカンタンにできます。

最近ではクレジットカードのウェブサイトからより簡単に解約手続きができるものも増えています。

 

また、解約の電話をかけ、解約が成立した時点からそのクレジットカードが使えなくなることに注意しましょう。

 

まとめ

クレジットカードを複数枚持っている場合、使わないものは解約し破棄したほうが管理がしやすくなり、使い過ぎや盗難紛失による不正利用の防止ができます。

そのため、解約できるカードは積極的に解約した方がいいのですが、学生の方や無職、独立したての方などは新しいクレジットカードを作りにくいので安易に解約しない方がいいでしょう。

 

解約するのは簡単ですが、利用状況や自分の状況/身分、特典、保険などを考慮しよく考えて解約することが大切です。

 

なお、解約したクレジットカードは裁断するなどして安全に破棄しましょう。

関連記事:使わないクレジットカードを破棄する際に気をつけるべきこと