代理人カードを活用して夫婦で共通の銀行口座を使う方法

夫婦で銀行口座を共有して使うには「代理人カード」を使用する方法がオススメです。

 

夫婦で共同名義の口座を作ることはできない

夫婦で1つの銀行口座を共有するのは決して珍しいことではないと思います。

ですが、日本では銀行口座は基本的に一人の名義になります。基本的に夫婦の共同名義で銀行口座を作ることはできません。

そのため、夫婦が共有して使う口座を開きたいと考えた場合も、自分かパートナー(夫/妻)のどちらかの名義で銀行口座を開設することになります。

 

補足:海外では夫婦の共同名義(共有名義)で銀行口座を作れる場合があります。

 

代理人カードを活用する

日本では夫婦であっても共同名義の銀行口座は作れません。

夫婦で一つの銀行口座を共有して使いたい場合は「代理人カード」を作りましょう。

 

代理人カードとは

銀行には「代理人カード」と呼ばれるカードがあります。

これは文字通り、口座名義の方の代理人に向けて発行されるキャッシュカードで、これを使えば、口座名義の本人でなくても銀行口座からお金を引き出したり、預けることができます。

 

みずほ銀行と三井住友銀行のウェブサイトでは以下のように説明されています。

ご本人さまと生計を共にするご親族1名さまに限り、代理人カードをお申し込みいただけます。

例えば、ご夫婦で一つの口座からATMでお預入・お引出ができるなど便利にお使いいただくことができます。

引用元:みずほ銀行

 

代理人カードとは、代理人さまが、ご本人さまの口座からATMで入出金等のお取引を行うことができる代理人用のキャッシュカードです。ただし、代理人カードでのお取引には制限があります。

平日の営業時間内に当行本支店窓口でお申し込みいただけます。なお、お申込にはお届けのご印鑑およびご本人さま確認書類(運転免許証・パスポート等)が必要となります(代理人さまのご来店は不要です)。

引用元:三井住友銀行

 

代理人カードを使えば、共同名義ではありませんが、一つの銀行口座を、実質、夫婦共同の口座として使うことができます。

また、代理人カードはパートナー(夫、妻)だけでなく、家族にも発行できる場合があります(銀行によっては複数枚の発行はできない場合があります)。

 

各銀行の代理人カード

代理人カードを発行できる枚数や手数料などは銀行によって変わるので、代理人カードを発行したい方は、各銀行に問い合わせてみてください。

 

まとめ

代理人カードを発行すれば、キャッシュカードや通帳を共有する必要がなく、自分・家族どちらでも好きなタイミングで銀行口座を利用することができます。

うまく活用すれば、夫婦や家族でのお金の管理が非常に便利になりますよ!