Apple Payとは?メリット・デメリットを解説

Appleが提供するキャッシュレス決済サービス「Apple Pay」のメリット・デメリットを解説します。

 

Apple Payとは

「Apple Pay」とはAppleが提供するキャッシュレス決済サービスです。

利用者がApple Payにクレジットカードやデビットカード、電子マネーなどを登録しておくと、「Apple Pay」に対応したiPhoneやApple Watchを使ってお店などで決済することができます。

クレジットカードをわざわざ財布から取り出さなくても、代わりにiPhoneやApple Watchで支払いができるので手軽に買い物ができるようになります。

また、オンライン決済(ネット通販やアプリ)にも一部対応しています。

iPhoneなどのApple Payを使った支払いは登録したクレジットカードに請求がいきます。

 

Apple Payのメリット

Apple Payには非常に便利な点がいくつもあります。

 

スマフォをかざすだけで決済できる

PayPayやLINE Payなどの場合、わざわざスマフォを操作し、バーコードを表示させなければいけませんが、Apple PayであればiPhoneやApple Watchのロックを解除してかざすだけで決済できます。

ロック解除に慣れていれば、ほぼかざすだけなので非常に手軽です。

 

Suicaにも対応

Apple Payはクレジットカードだけでなく、Suicaにも対応しています。

SuicaをApple Payに登録すれば、Suicaと同じ要領で改札にiPhoneやApple Watchをかざすだけで電車に乗り降りすることができます。

なお、対応している交通系電子マネーはSuicaだけです。PasmoやToicaなど、他の電子マネーは登録できません。

ただし、Suicaは他の交通系電子マネーと(ほぼ)相互利用が可能なので、実質全国で利用できます。

もちろん、Apple Payに登録したSuicaであっても同様です。Appleの公式サイトにもApple Payに登録したSuicaを利用できる交通機関に関して「Suicaを使えるすべての交通機関」と書かれています。

 

世界中で利用できる

Apple Payは世界中で利用することができます。

公式:Apple Pay に対応している国や地域 – Apple サポート

 

PayPayやLINE Payなど、日本で普及しているスマフォ決済サービスはほとんど海外では利用できません。しかし、Apple Payなら世界中で利用できるので、海外旅行や出張の際にも便利です。

 

Apple Payのデメリット

非常に便利なキャッシュレス決済のApple Payですが、デメリットも存在します。

 

ポイントがつかない

Apple Pay自体にはポイント制度はありません。

登録しているクレジットカードやデビットカードなどのポイントは問題なく付与されますが、Apple Pay自体はどれだけ使ってもポイントがつきません。

紐づけているクレジットカード等だけでなく、キャッシュレス決済自体にもポイントが貯まるPayPayやLINE Payなどと比べると、少々残念な点です。

 

古いiPhoneでは使えない

Apple Payの機能が全て利用できるのはiPhone 7以降のiPhoneのみです。

iPhone 6s以前のiPhone(iPhone SEを含む)にはFelicaが搭載されていないので、店頭での決済や交通機関での決済ができません。

 

Androidでは使えない

Apple PayはiPhoneやApple Watchなど、Apple製品独自のサービスです。

なので、Android端末など、Apple製品以外のスマフォやスマートウォッチではApple Payを利用できません。

 

まとめ

近年、キャッシュレス決済が続々と登場していますが、その中でもApple Payは高い利便性を誇っています。

iPhoneやApple Watchを持っている方はぜひ活用してみてください。