デビットカードとは?メリット、デメリット、クレジットカードとの違いを解説

デビットカード

最近注目されているこのデビットカードの特徴やクレジットカードの違いについて説明します。

 

デビットカードとは

デビットカードはクレジットカードと同じように支払いに使えるカードです。

 

デビットカードは銀行が発行しており、銀行口座と紐づけられているのが特徴で、デビットカードで決済すると代金が即座に口座から引き落とされます。

 

クレジットカードとの違い

クレジットカードと比較すると、デビットカードには以下の特徴があります。

  • 使った代金がその場で銀行口座から引き落とされる
  • 口座にお金がなければ使えない
  • クレジットカード会社ではなく、銀行が発行する
  • 審査が無い(or 審査が緩い)

 

クレジットカードとの違いをカンタンにまとめると以下のようになります。

種類 デビットカード クレジットカード
年会費 カード次第 カード次第
支払い方法 即時引き落とし 一括払い、リボ払いなど多数
キャッシング 不可 カードによっては可能
年齢制限 15歳以上が多い 18歳以上が多い
発行の審査 なし(審査があるカードもあり) あり

 

クレジットカードで買い物をすると、カード会社に一旦代金を立て替えてもらい、期日に指定の銀行口座から使った代金がまとめて引き落とされます。

つまり一時的にお金を借りている(借金する事ができる)のがクレジットカードです。

一方、デビットカードは使ったらその場で銀行口座から代金が引き落とされます。

 

デビットカードのメリット

デビットカードならではのメリットは以下の通りです。

 

借金を作る心配がない

デビットカードは、口座残高分しか使えず、リボ払いなどもないので、クレジットカードと違って使いすぎの心配や借金を作ってしまう心配がありません。

クレジットカードのようにお金がない状態で使おうとしても、デビットカードの場合は、口座に資金がなければ決済ができないだけです。

 

審査がない(審査が緩い)

デビットカードは発行に審査がないカードが非常に多いです。

ほとんどのカードが審査なしで発行することができます。当サイトが確認した範囲では、審査があるのはスルガ銀行とイオン銀行のみです。

クレジットカードの場合、借金があったり、金融ブラックだったり、収入が少ない/ない場合はカードが発行できない場合も多いです。

しかし、デビットカードはそもそも審査がないので、過去に自己破産などをしてブラックリストに載っている方でも作れます。

 

また、年齢制限もクレジットカードが最低18歳なのに対して、デビットカードは15歳(中学生を除く)から利用することができます。

 

最低限のサービスは揃ってる

クレジットカードと比べるとサービスが乏しい印象があるデビットカードですが、それでも盗難保険やショッピング保険、ポイントサービス等、必要最低限のものはついていることが多いです。

 

デビットカードのデメリット

デビットカードならではのデメリットは以下です。

 

クレジットカードよりも使える店が少ない

デビットカードは基本的にクレジットカードと同じように使えますが、クレジットカードが使えるお店でも、デビットカードは使えない場合があります。

 

デビットカードの種類にもよりますが、デビットカードや店舗の対応状況によっては以下のケースで使えない場合があります。

  • 公共料金、ネットレンタルなど月額料金の支払いに使えない
  • ガソリンスタンドで使えない
  • 高速料金の支払いに使えない
  • 海外で利用できない
  • 使えない曜日や時間帯がある(日曜日19:00~0:00、月曜日 0:00~8:00など)

 

クレジットカードが当たり前のように使える場面でもデビットカードでは使えないことがあります。

ですので、デビットカードをメインで使う場合には使い勝手が良いか事前に確認しておくことが大切です。

 

一括払いしか使えない

クレジットカードには一括払いやリボ払い、分割払い、ボーナス一括払いなどの便利な支払い方法が複数あります。

しかし、デビットカードで使える支払い方法は即時引き落としのみで、一括払いや分割払いなどは使えません。

 

そのため、クレジットカードのように口座に現金がない状態で買い物するといったことはできません。

 

海外利用時の事務手数料が高い

デビットカード、クレジットカード共に、海外で利用すると、為替の違いから別途手数料がかかります。

この事務手数料がクレジットカードよりデビットカードの方が高い傾向にあります。

一般的にクレジットカードの事務手数料が1.6%~2%程度なのに対し、デビットカードは2.5~3%になります。

 

ETCカードが作れない

デビットカードではETCカードが作れません。

 

まとめ

デビットカードは「銀行口座から即引き落としのクレジットカード」という印象が強いですね。

クレジットカードのように借金ではないので、安全性が高く、審査はほぼ不要、トラブルや使いすぎも起こりにくいです。

 

一方で、借金ができない、クレジットカードほど種類やサポート、サービスがないなどデメリットもあります。

 

信頼があり、最低限の金融リテラシーがある方はクレジットカードを使うのが良いでしょう。

デビットカードをメインとして使う場合でも、クレジットカードは予備として持っておくことをオススメします。

 

ただ、海外に移住した時や退職した時、自己破産した場合など、社会的な信用がなく、クレジットカードの審査に通りづらい時は重宝するかもしれません。

子供にクレジットカードを持たせたいけど高校生だから作れない、子供の海外留学や仕送りに当たってお金の流れを管理したい、新卒だからクレジットカードを作れるだけの信用や資産がないという場合はデビットカードも良い選択肢になるでしょう。